探偵は調査が仕事

調査業と表現される職業として探偵があります。
探偵とは、依頼があった内容に対して情報を集めることで報酬を得ます。現在日本で活動している探偵は5千件以上といわれており、さらにこの数は年々増加傾向にあります。

日本で暮らす人は1億人以上おり、人口が増加すれば、それだけ探偵も活躍する場所が増えてきます。その理由として人と人の繋がりでトラブルが発生した場合に、探偵に依頼をして調査をしてもらうからです。

例えば、結婚する人が増加すれば、それだけ離婚をする人も増える可能性があり、今では3組に1組は離婚をしており、その離婚がパートナーの浮気が原因だった場合には、離婚で慰謝料を請求するために、浮気の証拠を探偵に調べてもらおうとします。

このように、人が増えれば、それだけトラブルの発生する機会が増えてしまうということです。

そう考えれと、東京や大阪といった大都会では、探偵事務所や興信所といった調査業の事務所が密集していることも頷けます。

しかし、最近では探偵に関する話で、あまり良くない話も聞きます。
それは、犯罪を犯した犯人が個人情報を調べるために探偵を利用したや、個人情報を聞き出すために違法な行為で調査業者が情報を聞き出していたといった内容のニュースも多く見ます。

そんな探偵の仕事の裏側と、本当の探偵というものにスポットを当てて紹介をしていきたいと思います。





Copyright (C) 探偵 Information Get